普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

普及活動における二番目の楽しみ

2009.03.10

 私たち普及指導員の活動は、農業者や農業者らが属する地域や組織を対象としています。

 普及活動の結果、望ましい変化が確認され、その対象者から「良い情報をもらえました」とか、生産性や経営者の意識・地域の構造などに「良い変化がありました」といった報告の言葉をいただくことは、最も嬉しい瞬間であり、普及指導員をやっていて良かったと感じる時です。

 普及指導員は、全国に約八千人が配置されています。時に都道府県を越え、共通の課題について、情報の共有や、検討を行うことがあります。

 こうした検討会等に参加すると、以前お会いした他県の普及指導員や、試験研究機関の方々との再会の他、新たな出会いや、さらには新たな知見が得られるなどの効果もあり、普及指導員をやっていて良かったと感じることが多くあります。

スライドを用いて説明する筆者  スライドを用いて説明する筆者
スライドを用いて説明する筆者


 この日は、東北農政局が主催する、自給飼料増産を目的としたシンポジウムが開催され、本県の「トウモロコシを中心とした自給飼料増産の取り組み」について発表しました。

 報告に際しては、質問・意見・感想をいただくことが出来、大変良かったほか、やはり以前研修でご一緒した、他県の普及指導員や大学の同窓生などとも会い、情報交換ができました。

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る