普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

積雪寒冷時期の普及指導員の活動

2008.12.17

 私が仕事をしている岩手県のみならず、北海道東北等では、これからの時期は、気温が低く積雪もあり、暖房を使っての栽培や沿岸地域の温暖な地方など、一部の作物・地域を除いては、いわゆる「農閑期」となります。

 家畜は通年で飼われていますが、トウモロコシ等の収穫や冬作のライ麦などの播種が終わり、それらの調査や収穫物の給与に関する支援が終われば、畜産分野での業務は、一応一段落です。
 では、積雪寒冷時期に普及指導員は何をしているのでしょう?


 今までの調査等をとりまとめ、それらのデータや結果を農業者さんらに伝え、
 「こんな課題がありますから、来年度はこうしましょう」
 「地域や集団の中に、こんな仕組みを作ったら更に良くなりますね」 といった提案などを行います。

 農業者さんも次年度の経営計画を立てたり、経営的なとりまとめ(決算など)をする時期ですから、それに関するお手伝いもあります。


管内のJAさんが主催した研修会において、パソコンで作ったスライドを元に「今年度のトウモロコシ栽培の実績と課題、その解決策」について、私が説明しています  多少の積雪があろうとも、よほどの吹雪で無い限り、車に乗って出かけます。4WDの公用車を使う場合が多いですが、慎重に運転します
左 :管内のJAさんが主催した研修会において、パソコンで作ったスライドを元に「今年度のトウモロコシ栽培の実績と課題、その解決策」について、私が説明しています
右 :多少の積雪があろうとも、よほどの吹雪で無い限り、車に乗って出かけます。4WDの公用車を使う場合が多いですが、慎重に運転します

   

 私たち普及指導員も、「課題に対して、こんな方法で活動をしたところ、こんな成果がありました」等のとりまとめを行うなど、今年度の活動を反省・評価し、それに基づいた来年度の計画を立てる時期でもあり、夏場より忙しいような感じもあります。
(西南暖地の普及指導員さんはどうでしょうか?もっと忙しいのかもしれませんね)


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る