普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

畜産分野を担当する普及指導員の業務

2008.11.20

 畜産分野を担当する普及指導員の業務として、主に家畜のエサとなる作物(牧草やトウモロコシ・ソルガム)の栽培とその利用に関する仕事の話題を多く書いてきました。

 これ以外にも、「エサをどのように貯蔵し給与すると、牛を健康的に効率的に飼えるのか」、「病気にならない牛の飼い方(この分野は一部獣医さんと連携する場合もあります)」、さらには、「費用がかからず効率的に作業ができ、牛も快適な牛舎の設計」などに関する活動も、少なからずあります。


 また、牛舎も含め、経営規模を拡大する際の資金の相談や、後継者に関する相談、また、糞尿の処理に関する相談まで、その活動分野は大変幅広くなっています。

 昨年来相談を受けてきた、黒毛和種の繁殖経営農場の新しい牛舎が完成し、一定期間が経過しましたので、その後の様子を伺いに行ってきました。


  
左 :牛(親牛)は寒さに強いので、この牛舎には壁がありません。右側は農場の経営主と話しをする同僚普及指導員。
右 :牛たちは普段、フリーにされていますが、人工授精(種付け)や発情の観察時には、この連動スタンチョンで保定されます。


 牛舎を使ってみて、不便な点が僅かですがありましたので、その対応策を検討しました。
 また、その事項については、普及指導員間で共有し、次の牛舎設計の支援に活用します。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る