普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

ソルガムの別な場面での活用

2008.11.18

 ソルガムの収穫実演会の準備をしているときのことです。
 今回実証に使ったソルガムは穂が出ないタイプです。しかし、交配が旨くいかなかった個体でしょうか、時折出穂しているものがあります。

出穂したソルガム
写真 :出穂したソルガム


 隣のほ場で豆刈りをしていた女性から、その穂を3本欲しいのだけれど、と声をかけられました。
お正月の飾り(生け花?)に使ってみたい、とのことでした。

 収穫ロスと比較すると遙かに少ない量でしたので、ほ場の管理者には事後承諾することとし、穂の部分だけ刈り取って差し上げました。

 もう正月の準備をする時期が近いのですね。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る