普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

普及活動の武器

2008.08.25

 私たちの普及活動は、特定の課題に関する各種のデータを科学的な方法により収集し、それに分析・考察を加え(調査研究)、それらを農業者や地域等に示すことで変化を促すということを効率的に行います。

GPS端末


 「科学的」な活動を行うため、パソコンやデジカメなどを駆使し、より分かりやすく、説得力のある資料などを作っています。
 今回紹介する、「普及活動の武器」は、データをより視覚に訴えることを可能とし、効率的な活動を行うためのものです。

 それは「GPS端末」です。

 GPSとは、人工衛星を利用して自分が地球上のどこにいるのかを正確に割り出すシステムですが、その機能を活用し、距離や面積も測定することが可能です。


 牛の簡易放牧地の設計支援をする際には、現地で測量後、公用車上で、図面を印刷し、検討の材料とします。
 また現地での調査(この日はトウモロコシの生育と雑草の調査)でも、調査地点の識別に威力を発揮しました。

 もちろん調査地点にポールを立ててはあるのですが、草丈2m以上のトウモロコシ畑では、そのポールを探すのも容易ではありませんでした。


公用車上で、計測結果をプリントアウトする同僚普及指導員  トウモロコシ畑にて(調査板の上においてある小型機械もGPS端末)<br />
写真 
左:公用車上で、計測結果をプリントアウトする同僚普及指導員
右:トウモロコシ畑にて(調査板の上においてある小型機械もGPS端末)

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る