普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

岩手県
中森忠義

自給飼料を使った牛肉生産

2008.07.30

自給飼料(=地元で獲れた飼料作物)をふんだんに使った牛肉生産プロジェクト(第1弾)


岩手県では、地元と研究機関そして普及センターが連携し、自給飼料(トウモロコシ)をふんだんに使った牛肉を生産するプロジェクトを進めています。

牛は、黒毛和種ではなく、日本短角種という美味しい赤身肉がとれる品種です。


今日は、それら試験牛の成長具合を確認するための体重測定と、トウモロコシの生育状況を確認してきました。
トウモロコシ畑は雑草が繁茂していたので、一部畑の雑草を手で抜き取りながら、今後の対策について、生産者の方々とも相談してきました。

ちょっと見えづらいですが、牛の体重測定中(青い帽子が筆者)<br />
  日本短角種の牛
写真 左:ちょっと見えづらいですが、牛の体重測定中(青い帽子が筆者) / 右:日本短角の子牛たち

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

中森忠義

岩手県中央農業改良普及センターの滝沢村駐在で、主に畜産を担当しております。 本県の畜産は、養豚や養鶏もありますが、主に関わっているのは、酪農経営・黒毛和種(肉用牛)の繁殖経営・日本短角種の振興などです。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る