普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

愛知県
佐光佳弘

小麦の種まきが始まりました

2008.12. 4

 11月中旬、管内で小麦の種まきが始まりました。海部地域では、早生品種の「イワイノダイチ」と中生品種の「農林61号」が栽培されています。最初は「イワイノダイチ」から種をまいています。

トラクタによる小麦の種まき作業  
トラクタによる小麦の種まき作業
  

 小麦の種まきが始まるまでは、肥料試験ほ場の設置計画を作ったり、その内容を生産者の皆さんに紹介・説明したりするなどの仕事がありました。しかし、種まきが始まると、種まきの進捗状況を確認するぐらいになります。


浅く耕しながら種をまきます  種は地表面から3cmくらいにあります
左 :浅く耕しながら種をまきます / 右 :種は地表面から3cmくらいにあります


 今年は定期的に雨が降っているため、たまに播種作業が止まる日がありますが、おおむね順調に進んでいます。種をまいてから芽が出るまで10日から2週間で、出芽は順調です。今後、肥料試験ほ場の場所の確認、出芽数の調査などをしていきます。


(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

佐光佳弘

愛知県海部農林水産事務所農業改良普及課(海部農業普及指導センター)の技術指導グループで、作物担当として仕事しています。 県職員12年目ですが、職場では3番目に若い新米です(職員数は18人)。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る