普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

愛知県
佐光佳弘

大豆の収穫が近づいてきました!

2008.11. 7

 10月も下旬になり、大豆の葉が黄色くなって落ち始めました。
 葉が完全に落ちて、さやの中の豆が「カラカラ」と音がするまで乾燥すると、大豆の収穫が始まります。

落葉が始まり、倒伏状況が分かりやすくなりました
写真 :落葉が始まり、倒伏状況が分かりやすくなりました 


 海部地域では「フクユタカ」という品種が栽培されており、豆はおもに豆腐として使用されています。
 肥よくで湿潤な土壌のおかげで大豆の生育は良好ですが、時として伸びすぎ、倒れてしまって収穫できなくなることがあります。また台風が来ると、倒伏や冠水によって収量が激減してしまうので、毎年の収量を安定させることが大豆作の課題です。この対策の一つが先日のブログで紹介した摘心技術です。

摘心したところでは、倒伏していませんでした
写真 :摘心したところでは、倒伏していませんでした 


 早いところでは、あと1か月くらいで収穫が始まると思います。今後は豆が乾燥していくのを待つだけですので、このまま無事に収穫できることを祈っています。

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

佐光佳弘

愛知県海部農林水産事務所農業改良普及課(海部農業普及指導センター)の技術指導グループで、作物担当として仕事しています。 県職員12年目ですが、職場では3番目に若い新米です(職員数は18人)。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る