普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

愛知県
佐光佳弘

今話題の「WCS」を収穫!

2008.10.17

 10月1日と2日、甚目寺町においてイネWCSの収穫作業がありました。
 「イネWCS」とは稲発酵粗飼料(ホールクロップサイレージ)のことで、籾が完熟する前のイネを丸ごと収穫し、ロールにしてラッピング、発酵させた後に牛に給与するものです。田んぼで家畜のエサを作るということで、水田の新しい活用方法、家畜飼料の高騰対策として注目されています。

最新のホールクロップ収穫機で収穫 収穫機から放出されたロール 
左:最新のホールクロップ収穫機で収穫 / 右:収穫機から放出されたロール


 栽培されたのは飼料用イネ専用品種の「クサノホシ」で、5月末に田植えされました。
 その後順調に生育し、主食用品種である「あいちのかおり」に比べて穂数は少ないものの、茎が太く、草丈は高く、とてもがっちりしたイネになりました。

ロールをラップマシーンでラッピング  ラップしたロールの大きさは直径1m、高さ80cm
左:ロールをラップマシーンでラッピング / 右:ラップしたロールの大きさは直径1m、高さ80cm


 イネWCSは、管内では今年初めて取り組まれ、一般的に言われているとおりに、施肥量は1.5倍で栽培していただきました。しかし、化学肥料が高騰していて、施肥量が多いと経費がかさむため、施肥量を減らしてもイネWCSの収量が確保できるかどうか、来年試験が必要と考えています。

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

佐光佳弘

愛知県海部農林水産事務所農業改良普及課(海部農業普及指導センター)の技術指導グループで、作物担当として仕事しています。 県職員12年目ですが、職場では3番目に若い新米です(職員数は18人)。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る