普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

愛知県
佐光佳弘

「拓実会」、ダイズ畑で研修会!

2008.09.29

研修会の様子です

 9月18日(木)、拓実会(たくみかい)という若手の水田作オペレーターの組織が研修会を開催し、自分たちのダイズほ場(ほ場とは、水田や畑のことです)を巡回しました。

 拓実会では年3回ほど、水稲の直播栽培や小麦の品質向上、農政事情等に関する研修会を開催しており、私たち普及指導員は農協と連携し、研修内容を提案したり、研修会の講師を努めたりするなどしています。
写真 :研修会の様子です


 この日は約20人の参加者があり、農協のバスで5か所のほ場を巡回しました。

 種をまいた時期、病害虫防除の方法、土壌条件等が異なっているため、ほ場によってダイズの生育が違い、みんな興味深く観察し、質問し合っていました。

 先進的な技術である、ダイズを摘心したほ場(ダイズが倒伏するのを防止するために摘心する技術です)、小明渠作溝同時浅耕播種機(しょうめいきょさくこうどうじせんこうはしゅき:国の研究機関が開発した機械)で種をまいたほ場では、それぞれの技術の特徴を私から紹介しました。


 今年度の第1回目の研修会は6月に開催し、水稲の直播栽培の現地ほ場を巡回しました。平成21年1月ごろ、第3回目を開催する予定にしています。

ダイズの生育について、真剣に意見交換していました
写真 :ダイズの生育について、真剣に意見交換していました

(文中の画像をクリックすると大きく表示されます)

佐光佳弘

愛知県海部農林水産事務所農業改良普及課(海部農業普及指導センター)の技術指導グループで、作物担当として仕事しています。 県職員12年目ですが、職場では3番目に若い新米です(職員数は18人)。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る