普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_iwatani_f.jpg島根県
岩谷洋美

カキのジョイント栽培技術について学びました

2017.09. 6

 カキのジョイント栽培については、福岡県が'太秋'という品種で技術確立されています。
 当県の主力品種である'西条'でもこのジョイント栽培ができないか、という生産者の思いから、当県では4年前に現地導入が始まりました。
 しかし、'西条'での試験結果がないため、生産者も普及員も試行錯誤の中取り組んでいるのが現状です。
 そこで、今回は生産者の方とともに我々普及員も技術を学ぶため、福岡県の研究員の方を招き、現地検討と講演会を行いました。
 当日は、生産者の方々から多くの質問がなされ、とても活発な意見交換がなされました。


blog_iwatani3_2.jpg  blog_iwatani3_1.jpg


 最後は研究員の方から、「現地の状況を見て、'西条'でもできる可能性は十分あると感じた」という一言をいただき、生産者、普及員ともに、技術確立に向け意欲も技術も一歩前進したのではないかと感じました。


岩谷洋美

採用から5年目、島根県農業技術センターに配属されて2年目となります。担当は果樹ですが、ブログの記事は他担当の普及員からも情報をいただきながら書いていきます。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る