普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
田島聖一

にんにく優良種子生産に向けて

2017.06.12

 5月17日、JAゆうき青森のにんにく種子ほ場にてウイルス検査を行いました。
 産地の維持・形成のためには優良種子が欠かせません。農業普及振興室、農協、関係機関が一体となり、にんにくの優良種子生産に努めています。


 検査では、ウイルスや病気の被害が多いものを抜き取ります。
 昨年も経験しましたが、地道に歩きながら見極めなければならず、目と腰が痛くなる作業です。この繰り返しにより優良種子を残していきます。


blog_tajima13-1.jpg  blog_tajima13-2.jpg
左 :1畝を2人で検査 / 右 :目と腰が痛くなる作業


blog_tajima13-3.jpg  blog_tajima13-4.jpg
左 :抜き取った株がウイルス症状かを見極める作業 / 右 :ウイルス症状


 次回は2週間後に検査を行う予定です。
 収穫まであと1か月。優良種子生産に向け、関係機関が一体となり取り組んでいきます。

田島聖一

青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室に配属となり3年目。前職は農協職員として販売業務を中心に産地形成に携わる。野菜・果樹・花きの基本を先輩から教えていただき、現場を通じて日々勉強中。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る