普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
田島聖一

「とわだ生産者まつり」に参加しました

2016.11.14

 10月2日、十和田青果株式会社が開催した「とわだ生産者まつり」に参加しました。
 秋になると、農協、市町村、市場で収穫感謝祭が行われます。会場では農産物の品評会や有名歌手によるコンサート、飲食物の出店、農産物の即売会等、さまざまな催し物があり、生産者や市民の方も参加し、大いににぎわいます。


 農業普及振興室では、毎年、園芸相談コーナーを開設しており、その隣では上北地域の水稲の主力品種である「まっしぐら」に関するアンケート調査を行いました。
 園芸相談コーナーでは、家庭菜園の質問を受けたのですが、私はまだ知識が足りず、資料を片手に冷や汗をかきながら対応しました。


blog_tajima8-1.jpg
園芸相談コーナーで市民の方に指導中


 まっしぐらのアンケート調査では、普段食べているお米や、購入するときのポイントを聞き取り、終了後は、まっしぐらの新米をプレゼントしました。うれしいことに、まっしぐらの認知度と、食味に対しての評価は高く、「地元のお米を応援しているから、これからもがんばって」と声をかけてもらいました。


blog_tajima8-2.jpg
アンケート協力者にプレゼントした、ペットボトルに入った、まっしぐらの新米


 普段は生産者の方と接する機会が多いのですが、今回は市民の方とふれあい、地域の農産物に興味をもってもらうことができました。
 今後も積極的に地域の農産物を宣伝していきます。

田島聖一

青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室に配属となり3年目。前職は農協職員として販売業務を中心に産地形成に携わる。野菜・果樹・花きの基本を先輩から教えていただき、現場を通じて日々勉強中。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る