普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
田島聖一

GLOBAL G.A.Pの公開審査に出席しました

2016.11. 5

 9月20日、五所川原農林高等学校にて、GLOBAL G.A.Pの公開審査に出席しました。

 GAP(Good Agricultural Practice)とは、農業生産活動を行う上で必要な関係法令等の内容に定められる点検項目に沿って、各工程の正確な実施、記録、点検及び評価を行うことによる持続的な改善活動のことで、GLOBAL G.A.Pは民間団体による第三者認証を備えたものです。


 五所川原農林高等学校では、国際的な次世代農業経営者を育てるため、GLOBAL G.A.Pの教育に取り組む中で、昨年12月、高等学校としては国内初となる認証を取得しました。今年度は認証機関からの承認を得て、審査を公開形式で実施し、昨年のりんごに加えて米にも挑戦しました。


 書類審査から始まり、認証機関から派遣された審査員が、200項目以上の取組事項を生徒に聞き取り、確認しながら審査は進みました。5時間ほどで書類審査は終了し、つづいて現地審査が行われました。

 ほ場では耕種概要、作業時の注意事項を明記した看板が設置されていました。次に精米所では危険箇所と通路を明記したマップを見える場所に貼り、立入禁止区域には掲示板とテープで侵入できないようにするなど、作業中の事故やリスクを未然に防ぐ工夫が随所に施されています。審査が終わると、審査員から指摘事項等を含む講評があり、結果は後日発表されます。


 日本の輸出青果物の中で、ながいもは第2位の品目です。青森県のながいも生産量は全国でもトップクラスで、台湾やアメリカにも輸出しています。そして上北地域のながいも生産量は県内第1位です。
 今後、輸出拡大をめざすのであれば、安全性の指標として、取引相手からGLOBAL G.A.P等の国際的に通用するGAP取得を求められることが予想されますが、上北地域管内ではGLOBAL G.A.Pに取り組む農家・団体はまだ少ない状況にあります。

 輸出拡大に備えた環境整備を進めるためにも、今回の公開審査は取得までの流れを実際に見て確認でき、非常に有意義なものとなりました。今後の指導に役立てていきます。

田島聖一

青森県上北地域県民局地域農林水産部農業普及振興室に配属となり3年目。前職は農協職員として販売業務を中心に産地形成に携わる。野菜・果樹・花きの基本を先輩から教えていただき、現場を通じて日々勉強中。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る