普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
九十九薫

JAいるま野越生支店で梅干し品評会を開催!

2016.11.16

 越生町のJAいるま野越生支店梅部会で、平成28年10月31日に梅干し品評会が開催され、振興センターも審査員として参加しました。


 越生町は埼玉県内一番の梅の産地で、古くから梅干の生産にも力を入れています。越生の梅干しは、漬けるときの塩分濃度を控えた減塩梅干で、健康にもよいと評判です。

 今年は梅を干す時期に雨が多く、天候が安定しなかったので、農家の皆さんは管理作業に苦労されたと思います。梅の着果量はやや少なめでしたが、そのぶん大粒に育ったので、粒ぞろいの良い梅干しが出品されていました。

 色、揃い、病害虫の有無等の外観審査の後、試食して塩分と酸味のバランスを見ながら食味の良好なものを選びました。


blog_tsukumo7-1.jpg  blog_tsukumo7-2.jpg
品評会 審査の様子


 69点の出品の中から、県知事賞を含め金賞7点、銀賞5点、銅賞5点が選出されました。
 今後も、越生特産の「べに梅」のPRを含め、梅加工品の品質向上を支援していく予定です。


九十九薫

埼玉県川越農林振興センター 新規就農・法人化担当の九十九(つくも)です。6次産業化担当です。埼玉県入間郡の農業情報をお伝えしたいと思います。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る