普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
九十九薫

九十九薫

埼玉県川越農林振興センター 新規就農・法人化担当の九十九(つくも)です。6次産業化担当です。埼玉県入間郡の農業情報をお伝えしたいと思います。

県民ふれあいフェスタで販売&6次化PR!

2016.11.24

 ウェスタ川越交流広場で、平成28年11月12日(土)に県民ふれあいフェスタが開催され、いるま地域明日の農業担い手育成塾の塾生さんが販売研修会を、そして、川越管内の6次産業化商品のPRを行いました。


 「いるま地域明日の農業担い手育成塾」は、新規参入で農業の自立経営を目指す人に、研修農場での2年間の実践研修を通じ、就農にあたっての知識・技術を養い、安定的な農業経営に結びつけることを目的としています。


 今回は、販売研修ということで、塾生さんたちが栽培したこまつな、ほうれんそう、ねぎ、さといも、さつまいも等の新鮮野菜が出荷され、来場者の方々に対面販売を行いました。
 塾生さんたちには「お互いの荷造りや値決め、宣伝方法など、普段聞けないことが直接情報交換できて有意義だった」と好評でした。


blog_tsukumo8-2.jpg
担い手塾生が販売!


 また、川越管内の6次産業化PRブースでは、管内の6次産業化加工品9品目を展示し、消費者の方にPRを行いました。

 「販売はしていないの?」とか、「どこで売っていますか?」とか、消費者の方から質問があり、PRにつながったと思いました。
 今後も、このような機会を活用してPR活動に努めたいと思います。


blog_tsukumo8-1.jpg
6次産業化PRブースの様子

JAいるま野越生支店で梅干し品評会を開催!

2016.11.16

 越生町のJAいるま野越生支店梅部会で、平成28年10月31日に梅干し品評会が開催され、振興センターも審査員として参加しました。


 越生町は埼玉県内一番の梅の産地で、古くから梅干の生産にも力を入れています。越生の梅干しは、漬けるときの塩分濃度を控えた減塩梅干で、健康にもよいと評判です。

 今年は梅を干す時期に雨が多く、天候が安定しなかったので、農家の皆さんは管理作業に苦労されたと思います。梅の着果量はやや少なめでしたが、そのぶん大粒に育ったので、粒ぞろいの良い梅干しが出品されていました。

 色、揃い、病害虫の有無等の外観審査の後、試食して塩分と酸味のバランスを見ながら食味の良好なものを選びました。


blog_tsukumo7-1.jpg  blog_tsukumo7-2.jpg
品評会 審査の様子


 69点の出品の中から、県知事賞を含め金賞7点、銀賞5点、銅賞5点が選出されました。
 今後も、越生特産の「べに梅」のPRを含め、梅加工品の品質向上を支援していく予定です。


越生町の農業女性がゆずの勉強会実施

2016.10.19

 川越農林振興センターでは、越生町のゆずを栽培する農業女性に対して、平成28年10月11日(火)に施肥の勉強会を開催しました。


blog_tsukumo6-1.jpg
勉強会のようす


 勉強会では振興センターの職員から、土壌診断の項目についての講義を行った後、診断結果に基づいて、個々のほ場の施肥管理について個別面談を行いました。参加者の皆さんには土壌診断の必要性について理解を深めていただけました。

 この会はまだ栽培経験の浅い農業女性に対して、ゆずの栽培についての知識を深めていこうと開催されました。
 農林振興センターでは今後、せん定勉強会を企画しており、やる気のある農業女性を支援していく予定です。

川越市4Hクラブで「農業経営改善研修会」開催

2016.08.22

 川越農林振興センターでは川越市4Hクラブ員を対象に、平成28年8月5日(金)に川越地方庁舎(ウエスタ川越)で、法人化研修会を開催しました。


 研修会では、税理士の沼田先生から法人税務と農家の税務について講義をいただき、法人化した際の税金、創業時の手続き、農家を取り巻く税金(相続税)について理解を深めることができました。


 農林振興センターでは今後も、青年農業者が抱える課題解決や経営改善など会員の資質向上を図る4Hクラブの活動を支援していく予定です。

 
blog_tsukumo5-1.jpg  blog_tsukumo5-2.jpg
左 :沼田税理士による法人税務の講演 / 右 :真剣に聞き入る4Hクラブ員


所沢市土壌研究会で「センチュウ研修会」開催

2016.08. 5

 今年度、川越農林振興センターでは、所沢市特産のにんじん・さといもの若手生産者のなかで「良いものを安定して栽培したい」と考えている方に声がけをして、『土壌研究会』を組織しました。
 今回この研究会を対象に、平成28年7月27日(火)にJAいるま野所沢共販センターで土壌研修会を開催しました。

 研修会では、アグロカネショウの石本先生から『センチュウの生態と防除について』の講義をいただき、にんじん・さといもの主要害虫であるセンチュウについての理解を深めることができました。


 この後、研究会では土壌サンプルを集めて、ほ場ごとのセンチュウの遺伝子診断と化学性の分析を行い、より良い野菜づくりに生かしていこうと意気込んでいます。
 普及指導員もサンプリングから支援し、土壌研究会の活動を支えていく予定です。


blog_tsukumo4-2.jpg  blog_tsukumo4-1.jpg
左 :研修会の様子 / 右 :サンプリングについて説明する普及指導員

1  2

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る