普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

佐賀県
平野稔邦

本格貯蔵の温州みかんの管理状況を確認!!

2018.02. 5

 当普及センター管内の大和地区では、「あんみつ姫」ブランドで温州みかんを生産しています。その主力は年内に収穫し、年明けの2~3月まで貯蔵して出荷する青島温州です。収穫後に、みかん専用の貯蔵庫に入庫して、3~4か月間、貯蔵管理を行っています。


 先日、生産者がそれぞれ管理している貯蔵庫を巡回し、今年の貯蔵状況の確認会を実施しました。生産者ごとに貯蔵庫の状況(大きさ、入庫量、通気具合など)は違いますが、近年になく低温が続く今年は、着色の進みは遅いものの、貯蔵中の腐敗は少ない状況でした。


blog_saga_hirano7-1.jpg  blog_saga_hirano7-2.jpg
左 :生産者の貯蔵状況を確認
右 :興味深く貯蔵庫の構造を視察する生産者


 巡回する中で、貯蔵出荷に向く栽培管理試験園の貯蔵果実を比較し、生産者に処理効果を確認してもらい、生産者自身の栽培状況や貯蔵庫の能力・機能に合わせ、自分の園に向く栽培管理方法を検討するよう指導しました。

 また、室内検討会では、貯蔵庫管理の効率化や適正化を図るため、貯蔵管理中の貯蔵庫内の温湿度データが、どこでも自分のスマートフォンで確認できる機器を紹介しました。これに興味を持つ方も多く、向上心のある若手の生産者などは、すぐに導入を決めていました。


blog_saga_hirano7-3.jpg  blog_saga_hirano7-4.jpg
左 :貯蔵に向く栽培管理試験の状況を確認 
右 :室内検討会


 これからが貯蔵みかんの出荷期になります。今年は裏年傾向で生産量が少なくなっていることから、高単価での販売が期待されています。

平野稔邦

佐賀県佐城農業改良普及センターで果樹を担当しています。佐賀県ではテレワーク推進の一環で普及指導員は、一人一台のタブレット端末を持ち日々の普及活動に活かしています。タブレットを活用した普及活動を中心に、産地の動き等を紹介します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る