普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

佐賀県
平野稔邦

みかん園地をドローンで撮影!

2016.11.21

 先日、佐賀県農業試験研究センター所有のドローンを使って、果樹園を空撮しました。
 天候も良く、ドローンを飛ばすには絶好な条件で、思った以上に安定した画像の撮影ができました。


blog_saga_hirano5-1.jpg  
農試の担当者がオペレーター


 「大規模な基盤整備園」「隔年交互栽培園」「大規模な根域制限栽培園団地」「放牧による耕作放棄地対策園」等、さまざまな角度とスピードでドローンを飛ばし、写真と動画を撮影したところです。
 効率的に良い映像を撮るには、どの方向からどう撮影するか、ドローンを飛ばす以前にイメージできるかがポイントのようでした。


blog_saga_hirano5-2.jpg  blog_saga_hirano5-3.jpg
大規模基盤整備園の撮影(左)と、上空からの撮影(右)


blog_saga_hirano5-4.jpg  blog_saga_hirano5-5.jpg
左 :有明海をバックにした根域制限栽培団地
右 :隔年交互栽培園を上空から


 今回は、どんな感じで飛び、どんな映像が撮れるのかを体験するのが目的でしたが、普及指導上においても、マルチ被覆や改植の現地確認や細かい列植図の作成、耕作放棄地の確認と対策等、いろいろな活用方法が見込めることが分かりました。
 活用場面をきっちり整理して、今後積極的に導入を検討していきたいと考えています。

平野稔邦

佐賀県佐城農業改良普及センターで果樹を担当しています。佐賀県ではテレワーク推進の一環で普及指導員は、一人一台のタブレット端末を持ち日々の普及活動に活かしています。タブレットを活用した普及活動を中心に、産地の動き等を紹介します。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る