普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
伊藤和彦

おいしいながいも決定戦審査

2017.02.17

 1月24日(火)、ゆうき青森農協主催の第9回おいしいながいも決定戦の審査に、JA全農あおもり職員とともに参加しました。
 この決定戦は、産地で予選を行い、本戦は消費地でお客様の人気投票で順位を決定するもので、今年は台風の影響で出品数が2割ほど少ない39点となりました。
 農協職員が糖度とこく味を調査した内部品質点に、全農あおもりと農業普及振興室が審査した形状点を加えて選抜後、実際に試食して上位5点を決定しました。


blog_ito14-1.jpg
「おいしいながいも決定戦」審査の様子


 予選を通過した5点のながいもは、1月28日(土)に宮城県仙台市の量販店での本選に出品され、一般のお客に試食してもらう人気投票で最終順位が決定されました。

 当日は、同農協の販売戦略室による「ながいもから揚げ」試食宣伝会と、ながいも(1本・カット)、にんにく、黒にんにく、ドレッシング等の即売会が同時開催され、大盛況のうちに、おいしいながいも決定戦が行われたとのことです。


blog_ito14-3.jpg  blog_ito14-2.jpg
仙台での一般試食(左)と、野菜と加工品の即売会(右)

伊藤和彦

青森県上北地域県民局農業普及振興室で野菜の産地育成を担当しております。仕事のストレスを家の家庭菜園で癒し、家庭菜園の疲れを忘れて普及活動を行っております。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る