普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
伊藤和彦

共進会審査を行いました

2016.11.28

 11月4日、「平成28年度東北町生き活き産業文化まつり」の行事として開催された、東北町役場主催「農林畜産物共進会」と、ゆうき青森農協主催「第40回東北町ながいも共進会」で審査を行ってきました。


 「農林畜産物共進会」は、地域の特産であるだいこん、ごぼう等野菜類、穀類、飼料作物を含め計116点が出品され、「ながいも共進会」には、ながいも104点が出品されるなど、上北管内で最大規模の共進会となっています。


blog_ito12-1.jpg  blog_ito12-2.jpg
左 :真剣に審査を行ってます / 右 :多数出品されたながいも


blog_ito12-3.jpg
選抜したながいもに順位をつけます


 今年は、8月中旬以降、3度の台風による大雨と強風の被害を受け、栽培に苦労した年でしたが、品質の高い農産物が多数出品されており、災害にも負けない農家の努力と高い技術に感動した1日になりました。

伊藤和彦

青森県上北地域県民局農業普及振興室で野菜の産地育成を担当しております。仕事のストレスを家の家庭菜園で癒し、家庭菜園の疲れを忘れて普及活動を行っております。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る