普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
伊藤和彦

地域の元気づくりにも取り組んでいます

2016.05.19

 5月10日、七戸町白石地区コミュニティーセンターで、家庭菜園の講習会を行いました。


 白石地区は、みちのく有料道路の七戸側の南に位置し、田園が広がる静かで落ち着いた地域です。
 この地域では、平成26年から弘前大学が中心となり、伝統芸能の継承と地元で採れる山菜・野菜の活用について話し合いを続けています。


 そんな中、無人販売所の設立に向け「山の恵み部会」が組織されました。普及振興室では、野菜栽培の指導を平成27年の3月から月1回のペースで行い、平成28年度も地域からの要望により、継続して指導を続けています。
 毎回、地域住民が1か月間ため込んだ質問を一気に爆発させるので、ほとんどは質問コーナーで終わります。農の薬適正使用や食品表示等については、時には厳しく対応しますが、終始和やかな雰囲気で講習会は行われています。


blog_ito5-3.jpg
必死になって質問に答えています


 無人販売所は、地域住民が整地から建設までを担い、子供達が描いた絵を看板に使うなど、すべて手作りの販売所です。
 品物は100円均一で、利益の一部は子ども会や地域に還元しており、地域を元気にする持続可能な地域づくりのモデルケースとなっています。


blog_ito5-1.jpg  blog_ito5-2.jpg
左 :いろいろありましたが無事完成しました / 右 :こんな感じで販売されています


伊藤和彦

青森県上北地域県民局農業普及振興室で野菜の産地育成を担当しております。仕事のストレスを家の家庭菜園で癒し、家庭菜園の疲れを忘れて普及活動を行っております。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る