普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

青森県
伊藤和彦

七戸町のトマト産地育成に向けて

2016.04.29

 4月14日、ゆうき青森農協主催のトマトの育苗講習会が、七戸町(旧天間林村)で行われました。
 ゆうき青森農協のトマト生産者は41名で、面積は5.7haです。これまでは農協野菜部会の下部組織という位置付けでしたが、販売額が1億円を突破したことを契機として、平成25年にトマト部会となりました。


 七戸町ではトマトが重点推進品目に指定されており、町と農協でパイプハウスの建設や、循環扇等の設備に対して補助を行っており、新規栽培者(特に若い栽培者)が増えています。

 新規栽培者が多いため、育苗講習会は、実際に移植やかん水の方法について実演しながら行いました。質問も多く出され、アットホームな講習会になったと思います。
 今後、8月までは毎月講習会が行われますが、現地巡回指導を中心に、新しい産地を盛り上げていく予定です。


blog_ito4-1.jpg  blog_ito4-2.jpg
左 :栽培講習会のようす / 右 :育苗培土の詰め方を指導しています


伊藤和彦

青森県上北地域県民局農業普及振興室で野菜の産地育成を担当しております。仕事のストレスを家の家庭菜園で癒し、家庭菜園の疲れを忘れて普及活動を行っております。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る