普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

群馬県
川島正俊

「ちぢみほうれんそう」の出荷に向けて

2016.11.29

 こんにちは。
 群馬県の前橋市粕川地区では、冬の換金作物として「ちぢみほうれんそう」の作付けが増えています。現在、生産者は80名で、面積は25haと、県内では有数の産地です。
 「ちぢみほうれんそう」は12月からの出荷で、糖度基準は12月が8度、1月からは10度となっています。 


 普及指導課ではJA前橋市と連携し、生産の安定と出荷物の高品質化に向け、栽培講習会や現地研修会、および出荷前の全戸糖度チェックを行っています。
 今回の現地研修会では活発な質疑や意見交換が行われました。出荷に向け、産地は盛り上がっています。


blog_kawashima4-1.jpg  blog_kawashima4-2.jpg
左 :現地研修会のようす。出荷に向け、草姿の最終チェック!
右 :「ちぢみほうれんそう」の草姿。本年の生育は順調です


 冬を迎え、ますます甘くなる「群馬のちぢみほうれんそう」、店頭で見かけたら、手に取ってみてください。

川島正俊

群馬県中部農業事務所普及指導課で野菜を担当しており、施設キュウリの環境制御や露地ナスのV字仕立ての普及などに取り組んでいます。担当地域は、雄大な赤城山の麓の前橋地域です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る