普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

群馬県
川島正俊

ハウスナス現地巡回指導会を開催しました

2016.04.15

 こんにちは。
 今回は、前橋市粕川町のハウスナスの現地巡回指導会の様子をお知らせします。

 前橋市粕川地区のハウスナスは、1月下旬~3月上旬に定植する半促成作型で、栽培は昭和50年頃から始まり、現在では18戸、約4haの規模となっています。また、Uターンなどで後継者が少しずつ増えており、現在8戸で後継者が就農しています。


この研修会は、毎年4月上旬に、JA前橋市と連携して開催しており、多数の生産者が参加します。内容は「初期の草姿管理や訪花昆虫の使い方の注意点」などです。

 後継者も多数参加し、栽培状況を見ながら、お互いに熱心に意見交換していました。
 現在、生育・出荷は順調に推移しています。7月上旬まで、品質のよいナスの出荷が続きます。


blog_kawashima2-1.jpg
現地研修会のようす。生産者がお互いに情報交換


blog_kawashima2-2.jpg
ナスの生育状況。本年の生育は順調です

川島正俊

群馬県中部農業事務所普及指導課で野菜を担当しており、施設キュウリの環境制御や露地ナスのV字仕立ての普及などに取り組んでいます。担当地域は、雄大な赤城山の麓の前橋地域です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る