普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

福島県
岩沢正浩

新採普及員研修の講師を務めてきました!

2015.06. 8

 みなさんはじめまして!
 本日から情報発信を行います、福島県会津坂下農業普及所の岩沢と申します。
 マーボー普及員と呼んでください(笑)。


 さて、初めての投稿は...
 マーボー普及員、先日、新規採用普及員を対象とした研修会の講師をしてきました。
 テーマは「私の農業技術者としての活動」です。


 フレッシュな職員21名の前で約1時間...花き担当普及員として取り組んだキク、トルコギキョウ、カスミソウ産地等の産地育成、認定農業者や集落営農推進をとおした人づくりや地域づくり、複式簿記指導や法人化支援などなど、ちょっと大げさに「人を動かし地域を動かした」お話をさせていただきました。少しは伝わったでしょうか!?


blog_iwasawa1_1.jpg
新規採用職員と私(マーボー普及員/前列中央)
(クリックで拡大します)


質問タイムでは、

●先輩の今の目標は?
●農業者や関係機関からの信頼を得るにはどうすればよいか?
●情報収集はどのように行っているか?
●採用初年度にやってよかったこと、やらないで後悔したことは?
●学ぶべきことが多い普及指導員は、まず何から始めれば良いのか?
●普及指導計画の目標を達成するためにはどうすればよいか?

 などなど、高度な質問にあたふたしながら回答させていただきました(笑)。


 福島県の普及指導員(農業技術職員)は、ここ5年間で100名程度採用しています。東日本大震災からの本県農業の復興・躍進のキーパーソンである若手普及員の育成も、私たち先輩普及員に課された使命だと思います。ともに成長していきたいと思います。

岩沢正浩

福島県会津坂下農業普及所で経営支援課長をしている岩沢です! 会津生まれの会津育ち、「ふくしま大好き」花き担当普及員です! 職場の普及員とタテヨコナナメのつながりを深め毎日楽しく普及活動しています!

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る