普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

埼玉県
舟田一与

6次産業化商品、完成「小松菜うどん」

2015.05.14

 埼玉県上尾市にある農業生産法人ナガホリでは、主力作物の小松菜を粉末にして、商品開発をおこなっていました。


 検討を重ねた結果商品化された「小松菜うどん」が、5月の連休から県内スーパーで販売となりました。
 代表取締役の永堀吉彦さんは、「従業員みんなで商品検討やさまざまな手続きを経てできあがった商品です。小松菜をたっぷり使用した自信作。ぜひ食べてみて下さい」とにこやかに話してくれました。


blog_funada3_1.jpg  blog_funada3_2.jpg


blog_funada3_3.jpg


 私も食べてみましたが、色は鮮やかなグリーンで、しっかりとしたコシを持ち、「しこしこ」とした歯応え、「つるつる」としたおいしいうどんでした。


  ▼農業生産法人 ナガホリ ホームページ


舟田一与

埼玉県さいたま農林振興センター 新規就農・法人化担当の舟田です。 担当は、新規就農・農業の法人化・農業の6次産業化です。 埼玉農業の楽しい話題をお伝えしたいと思います。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る