普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_fujita_f.jpg岐阜県
藤田文彦

オリジナルPOPで、売り上げをアップ!

2014.07.31

 岐阜県では、農業経営や農家の生活向上に意欲的に取り組み、地域活動などにも積極的に取り組んでいる女性を「岐阜県女性農業経営アドバイザー」として認定しています。
 平成10年度から認定を行い、平成26年3月現在県下で111名の女性が地域の活動促進リーダーとして次のような活動を行っています。


(1)各地域の農村女性組織リーダーとして活躍
(2)各種審議会や懇話会の委員として女性の視点から地域農業振興、女性行政への提言
(3)家族経営協定締結の推進
(4)若い農業女性の相談役
(5)農業女性アドバイザーの交流会、自主的ネットワーク(GLAMAいきいきネットワーク)の結成
(6)地域等におけるパートナーシップ推進フォーラム等での講演、助言等


 平成26年6月24日(火)、岐阜地域の女性農業経営アドバイザーが集まり、(社)日本POPサミット協会の野村玲子先生を講師に招き、「販売促進研修~手書きのPOPづくり~」を行いました。


 農産物直売所で注目や興味を誘う販促ツールで新規客の取り込み、客数、客単価アップへ前進することが目的です。
 研修では、注目して欲しい商品へ、伝えたいメッセージを、よくわかる場所によくわかる方法で掲示するポイントを、実際に自分たちで制作しながら学びました。おススメ商品にPOPを付けた時には、付けない時の2倍以上に売上が上がるというデータもあり、参加者は真剣なまなざしで研修を受けていました。


blog_fujita3-1.jpg  blog_fujita3-2.jpg
紙に書くPOPって、一度書いたら消すことができないから、けっこう大変。
エンピツで下書きして、マーカーで書き上げたら、下書きを消しゴムで消す。そんな感じで制作を進めます。みなさん真剣!


<研修で学んだ、POP作成のポイント!>
(1)訴求ポイントをハッキリさせる!
(2)品特性、イメージ、お客様のメリットなど、伝えたいことを明確にする。
(3)色は3色程度でまとめると見やすくなる。
(4)生産者の心のこもった手描きPOPは新鮮さが伝わる。
(5)お客様に心から伝えたい気持ちを文字にすること。
(6)視線の流れをハッキリ誘導させる。見せたい場所に視線が動くようにレイアウトする。
(7)基本・・・Z状(左上から右下へ向かうと視線が楽)。
(8)バランスよいレイアウト、イラストや写真で視覚的に注目させる。
(9)余白を必ずとる。
(10)文章の文字間は詰めて書く。
(11)イラストやカットは注目させる心理的効果を高め、イメージアップにもなる。 などなど


 今回の研修は、参加者の反応もよかったので、来年もまた開催されそうな雰囲気でした。


blog_fujita3-3.jpg
最後は、よくできたPOPを持って、全員で記念撮影

藤田文彦

岐阜県岐阜農林事務所の普及指導員です。織田信長が天下統一の本拠地とした「岐阜城」がある岐阜市を中心とする岐阜地域に8年前から勤務しています。出身は、火の国熊本県の生まれですが、20年ほど前、岐阜の人と風土と旨い日本酒に惚れ込んで住み着いてしまいました。担当しているのは野菜指導です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る