普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_fujita_f.jpg岐阜県
藤田文彦

就農支援は地道な活動から

2014.07. 4

 岐阜県の岐阜農林事務所で、野菜指導を担当している藤田です。
 岐阜農林事務所ではJAぎふと協力して、就農支援を行っています。

 農の現状は、高齢化や担い手不足によって耕作放棄地が拡大し、農業の衰えが心配されています。
 そのような中、定年退職を迎えた方が、第2の人生のスタートとして農業・農村生活を考えることは少なくありません。しかし、興味があっても、何から始めればいいのか? どうすればいいのか? 疑問や不安を抱え、就農へのキッカケがつかめないでいる人が多いように感じています。


 このようなことから、JAぎふと岐阜農林事務所が協力して「野菜専門塾」を開講し、実践で知識と技術を身につける機会を提供することで、農業を志す気持ちに応えています。

 まず、実際に農業を体感することが大切です。岐阜農林事務所では岐阜県農業への理解や、農業をはじめる"新しい力"を求めて、「野菜専門塾」の活動を進めています。


blog_fujita2-1.jpg  blog_fujita2-2.jpg
左 :アスパラ塾の風景 / 右 : えだまめ塾の風景


blog_fujita2-3.jpg  blog_fujita2-4.jpg
左 :ナス塾の風景  / 右 :ブロッコリー塾の風景


blog_fujita2-5.jpg
いちご塾の風景


 しかし、就農支援の体制づくりにはさらなる環境整備が必要と感じます。
 今後は、栽培技術だけでなく、農地、資金問題など支援マニュアルの整備を進め、各関係機関のさらなる連携と強化を図りたいと考えています。
 この取り組みを通じて、新規就農者1人を育成をするためには、多くの人とお金と時間がかかることを痛感しています。この経験を今後の就農支援にも役立てていきたいと思います。

藤田文彦

岐阜県岐阜農林事務所の普及指導員です。織田信長が天下統一の本拠地とした「岐阜城」がある岐阜市を中心とする岐阜地域に8年前から勤務しています。出身は、火の国熊本県の生まれですが、20年ほど前、岐阜の人と風土と旨い日本酒に惚れ込んで住み着いてしまいました。担当しているのは野菜指導です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る