普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

お祭りには、情報がいっぱい!(その2)

2015.03.19

前回は、JAの納涼会を舞台にリーダーの見つけ方について説明しました。今回は、その集団へ入ってみましょう。


【集団を見極めよう】
 8人ぐらいのテーブルだと、そのテーブルが何らかの集団、または組織である可能性が極めて高いです。
 特に8人がけのテーブルに、無理して10人くらい座っていれば、
「そこまで無理してでも、なんたかんた(何としても)一緒に座りたい」強い人間関係が、そこにあるのです。
 まさに、肩を寄せ合い、膝を交えて、腹を割ってる(?)・・・・はずです。たぶん・・・。


 さぁ、そのテーブルが、何の集団であるか早めに見極めることにしましょう。
 私の経験から、JAの納涼会ですから、次のような集団であることが多いのです。

①家族・親戚を中心とした農作業の集団
②農協青年部や、4Hクラブ等の若手のつながり
③農協生産部会のまとまり
(時にリーダーではなく、大手市場の販売部長が会話の中心になっている時もある)
④その他(私が分析できなかった集団も含む)


【テーブルへ割り込み、そこへ突入】
 私のことを誰も知らない環境に飛び込むのは、かなり勇気がいるものです。
でも、虎穴に入らずんば虎子を得ずともいいます。入っていきましょう。

 まずは、自己紹介と挨拶。
「こんにちは~、黒石地域の農業改良普及指導員(実際には、普及員と言うことが多い)の笠原と申します。ご迷惑でなければ、こちらに、ちょこっと入ってもいいですか~?」
と言って入ります。こう言って、「入らねんでけっ!(入るな!)」
と言われたことは一度もありません。


 続いて、テーブル全体を見渡しながら、
「こちらのテーブルは、トマト部会か何かの集まりですか?」
と、それっぽい集団の名前を言って、集団の成り立ちを聞いてみます。
 

「いつも、りんごの畑(はだけ)ぇ、手伝ってくれでる親戚どか仲間だねぇ(仲間だよ)」
といった感じに即座に答えてくれた人こそ、この集団のリーダーか、キーパーソンです。
チェック!


kasahara_16_0.jpg
(クリックで拡大します)


 さらに、
「○○町のどちらの地区の方ですか?」
「E地区だよ」
と、地域名も把握。これで、集団の活動しているエリアがわかりました。高冷地なら、「山の方は、涼しいんでしょうね!」とか、ハウスが多い地域なら、「あのあたり、本当にハウスが多いですよね~」とか、何気ない地域ネタで話が展開できます。


 でも、私はあくまでも脇役です。せっかく楽しんでいたテーブルへ、早く話題の主導権を返えさなくてはなりません。
「ずいぶん、楽しそうに話していましたけど、何の話をしてたんですか?」
・・・私が集団に割り込んで、一瞬流れを止めましたが、これで再び会話がもとに戻ります。
 ここから先、私は、どんな話でも話し手の目を良く見て真剣に聞き、しっかりとうなずきます。


 人は、真剣に話を聞いてくれる人を嫌いになったりしないし、何気ない話題の中に、普及指導員として得ておきたいヒントが、いくらでも見つかるのです。


 そして、話が小休止に入ったころを見はからって、
「どうも、どうも、大変勉強になりました。ちなみに、今度、何かいい話があれば、お知らせしたいと思うけど(おもむろに名刺を出しながら)、どなたに連絡すればいいでしょう?」


 こちらが名刺をだせば、名刺をもらえることがありますし、ダメでもケータイの番号を教えてもらえることが多いです。携帯番号を聞けたら、いつでも連絡OKってことです。これで、お互いに力を合わせていけるはずです。


 なお、お名前は、かならずフルネームで聞いておきましょう。とくに女性には、気をつけましょう。

 どう見ても女性に見える方に対して、「お名前は?」と聞いたとき、
「○○地区の、『タナカ カオル(仮名)』 です」と返されたことがありました。

「カオル(香・香織?)さんですね!」
っと、しばらくその女性をカオルさんだと思ってましたが、実はご主人の名前でした。
津軽の女性の奥ゆかしさなのか、自分の名前でなく、経営主の名前を教えてくれることがたびたびあるのです。
それでも、馨(カオル)さん、忍(シノブ)さんは、気がつくのですが、
「タケミ」さん・・・漢字で書いて、「武美」さん(男性名)は、難易度A+でした。

*津軽弁監修:工藤専門員(果樹担当)


【追記】
 とてもステキなイラストを提供してくれたのは、青森県が誇る人気コラムニスト、山田スイッチ先生です。
 日曜日に私が趣味で撮影した「土偶のOLドグ子」の写真を、ものすごーく気に入ってくれて、そのお礼にと描いてくれました。彼女の漫画のゆるーい日常がたまりません。


●山田スイッチ ホームページ
青森県在住コラムニスト。ゆるキャラである「土偶のOLドグ子」の発案者。著書に「しあわせスイッチ」などがある。


kasahara_16_1.jpg
ドグ子さん

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る