普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

老眼!?普及指導員お薦めツール(おまけ)

2015.02.19

 同タイトルの最後の投稿は、平成26年の暮れだったと思いますが、実は「最終回」を投稿したあと、読者から、とても面白いアドバイスをいただきました。せっかくですので、再度、投稿します。


 その内容とは、


「すりガラスを使うと、無影撮影ができますよ!」


というものでした。


 確かに普通に撮影すると、こんな感じ。


kasahara_15_1.jpg
ばっちり影が落ちて、陰になる部分がよく見えません。


【さっそく、無影撮影に挑戦】
 アドバイスによると、被写体の下にすりガラスを置くと、被写体の下に影が落ちず、「宙に浮いたような見やすい写真」になるということです。


kasahara_15_2.jpg

 
 予算と時間がなかったので、ざっくり撮影してみましたが、赤く丸をつけた被写体の下には、確かに影が落ちていません。この方法は、なかなか使えそうです。おそらく、ライトをもう一方から当てれば、全体に光が回った「見やすい」写真になりそうです。


【こんな感じでやってみました】
 まず、白い紙を敷き、すりガラス(撮影では、プラスチック素材の型ガラスタイプを使用)を置くのですが、その間にスペーサーとして本をはさんでいます。これでできあがりです。


kasahara_15_3.jpg


絵にしてみると、こんな感じ
kasahara_15_4.jpg


【プラスチック素材を使ってみたのは】
 アドバイスではすりガラスを勧められましたが、私は、30cm×45cm、2.5mm厚のプラスチック素材を使ってみました。600円程度で購入できます。


 プラスチック素材を使った理由は・・・
(1)壊れにくく、軽く、安全性が高い。
(2)カッターで簡単に加工ができる。
(3)ホームセンターで簡単に手に入る。


という感じです。残念ながら、細かく乱反射する「すりガラスタイプ」のものは見あたりませんでした。やむを得ず、凹凸が大きい「型ガラスタイプ」を使用してみましたが、影を落とさないという目的は果たせたようです。


 まだまだ、改良の余地はあると思ってましたので、何か新しいアイデアがひらめきましたら、話の種にしてくださいm(_"_)m


 最後になりましたが、もう一つ、メールの中に貴重なアドバイスがありました。
私は、前回のブログの中で、撮影中に虫が動かないように保冷剤で虫を冷却すると良いと書きましたが、

「保冷剤を使うより、虫をそのまま冷蔵庫にぶち込んでしまえば、より手軽ですよ」 ということです。


「それは、すばらしいアイデアです!」

と言いたいところですが、
そんなことを自宅でしたら、家族から怒られてしまいますよね!
( ̄∇ ̄;)A


※注意
今回の撮影には、マクロレンズ付きスマホではなく、机の脇においてあったデジカメを使ってます。

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る