普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

老眼!?普及指導員お薦めツール(その4)

2014.12.10

 このスマホ顕微鏡シリーズ、こんなにひっぱるつもりはなかったのですが、前回 くどくど解説していたら、すっかり長くなってしまいました。


<作品紹介>
 さて、一番やりたかった写真の自慢・・・ではなくて、撮影した写真の一部を紹介したいと思います。


【アルストロメリア】

まずは、花担当ということで、アルストロメリアの花びらです。
kasahara_13_1.jpg
水滴は霧吹きでふいたものです。かなり水をはじいているのがわかります。


つづいて雌しべ。
kasahara_13_2.jpg
花全体をながめていることが多かったのですが、雌しべをアップで見ると、実に面白い形状をしています。先が三つに分かれています。


開葯(やく)した雄しべ。
kasahara_13_3.jpg
花粉の細かいところまで見えます。


【庭に咲いている花シリーズ】

庭に咲いていた朝顔は、こんな感じに・・・
kasahara_13_0.jpg
なかなか控えめな雄しべとマッチして、クールな色合いです。


その次は、収穫を忘れられたと思われるアブラナ科の花と蕾。
kasahara_13_4.jpg
なかなかきれいです。


さて、次は、外来種だと思うのですが、名前がわかりません。
kasahara_13_5.jpg  kasahara_13_6.jpg
どなたかご存じですか?


【果物】

続いて、いちごです。
kasahara_13_7.jpg
人工物のようにも見えます。まじめに見たことはありませんでしたが、なかなか毛深いです。


【昆虫シリーズ】

トマトに付いていたオンシツコナジラミです。
kasahara_13_8.jpg
トマトを汚す憎らしい奴ですが、「黒い目」は、なかなかカワイイです。
ちなみに、上に見えるのは、何を隠そう私の指ですね。


保冷剤の上で冷却されているカメムシ。
kasahara_13_9.jpg
芸術家気取りで、露出をアンダーにしてニヒルな雰囲気に仕上げました。


普通に撮影するとこんな感じに・・・
kasahara_13_10.jpg
後ろに白く見えるのは、苦戦の末、巻いたガムテープ。
(注意:これは一眼レフで撮影したもの)


【努力賞】

命がけで撮影したスズメバチ。
kasahara_13_11.jpg
実に「ワル」って顔をしています。さすがに危ないので、殺虫剤で弱らせて撮影しています。
触角が少し曲がってしまったのが残念・・・orz


【総括となりますが】
 皆さん、今回の内容はどうでしたか?
「全然、普及と関係ないじゃないか!」
・・・おっしゃる通りです。毎回、そんなことを言っているような気がします。


 でも、わずか数千円の「顕微鏡レンズ」で、こんなに遊べるとは思いませんでした。
 このアイテム、皆さんのアイデアで、さらに可能性が広がると思います。
 今回のテーマが、皆さんの普及活動の一助になれば、大変うれしく思います。


 なお、私は、普及指導員ですが、昆虫の専門家でも、植物の専門家でも、さらに「写真家」でもありません。


ですから、


「虫の名前が間違っているよ!」
とか
「カメラ用語が違っているよ!」
とか言われても、

「は~、そうですか~。」
と、頭をかくだけですので、何かに気が付いても、
何ごともなかったように、水に流してください。


そんなわけで、Good luck!


kasahara_13_12.jpg
(写真は、前にも書いたように「イメージ」です)

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る