普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

老眼!?普及指導員お薦めツール(その3)

2014.11.28

【前回あらすじ】 ▼前回ブログはこちら
 普及指導業務のスマート化が進むなか、スマホ顕微鏡レンズを試しているうちに、すっかりハマッテしまう普及指導員の私。
 今回は、自宅で撮影したものも含めて紹介します。というか、全部、私の部屋で撮影したものになってしまいました。ここまでくれば、単なる趣味です。


【まずは撮影風景・・・私の机の上は、こんな感じ】


kasahara_12_1.jpg


1 メインLEDライト
 被写体を浮かび上がらせ、陰影を付けるために使用しています。かなり明るいライトです。


2 補助LEDライト
 メインLEDだけだと、陰の部分がつぶれてしまうので、16個のLEDを補助光として使っています。LEDというのがポイントで、熱を持たないことが撮影の際に必須条件となります。


3 顕微鏡を付けたスマホ
 前回ご紹介した顕微鏡を付けた、「どこにでもありそうな」スマホです。


4 被写体
 撮影する対象です。


5 スマホ用三脚
 写真がブレないために、スマホを固定する三脚を使用しています。ただ、思ったより自由度が低く、改良が必要と思われます。


6 黒い板
 ホームセンターで購入したプラスチックの板を使用しています。これで、背景に変なモノが写りません。右手に見えるプラスチックのクリップは、ホームセンターなんかで売っているPOPクリップです。ブックエンドを併用すれば、自由に角度を変えて、さまざまな背景が設置できます。


7 第三の手
 銀細工等のクラフトコーナーにあります。かなり重宝しています。今では、これなしに撮影できません。


8 花瓶
 切り花を撮影するときに使用しています。色のない花瓶がお薦めです。被写体の色に影響を与えないからです。


9 保冷剤
 昆虫を撮影する際は、もっと大きな保冷剤を使って机の上全体を冷やしています。昆虫が動き回って、写真がブレるのを防止するためです。小さな虫なら、小さな保冷剤の上をはわせるだけで、かなり動きが鈍くなります。


 ・・・おやつのアイスは、どうでもいいですね。
 

【マクロ撮影の問題】
 マクロ撮影は、ブレと浅い被写界深度(ピントが合う範囲が極端に狭くなる)との戦いです。
 ブレは、手ブレと被写体ブレに分けられます。
 手ブレは、三脚に固定することと、音声認識シャッター(前回のブログ参照)で、ほぼ防げます。やっかいなのは、被写体ブレという、撮影する対象自体が動いてしまうことです。


kasahara_12_2.jpg
触角が不鮮明なのは「被写体ブレ」、写真全体が動いて見えるのは「手ブレ」。
マクロ撮影では、ピントの合う範囲が極めて狭くなりやすく、頭部以外はボケています


【被写体ブレを防ぐ】
 植物の場合は動きませんので、普通に花瓶に挿しておけばOKなのですが、思い通りのアングルで撮影しようと思ったら、「第三の手」が便利です。手にピンセットを持って作業する場合に比べて格段に自由度が増し、しかも被写体ブレが生じません。


 問題は、昆虫です。危ないので、始めはスズメバチに殺虫剤をかけて撮影していました。しかし、触覚が下がってしまう、足が折りたたまれてしまう、なんか体の向きが不自然になる・・・等々、さまざまな不具合が発生しました。

 さらに、自分のお気に入りのクワガタに殺虫剤をかけるわけにはいきません。
 そこで試したのが昆虫の冷却です。夏場にいる昆虫は、ちょっと涼しくするだけで、ほとんど動きを止めてくれます。ライトにLEDを使うのも、被写体の温度を上げないためです。


 ちょっと意外だったのはカメムシで、保冷剤でしばらく冷やしても暴れまくりました。ピンセットで何度も押さえたので、部屋の中は、きゅうりのようなニオイで充満しました。
 やむを得ず、青年自然の家の合宿で覚えたガムテープでカメムシをはさむという、「科学的技術及び知識の普及指導を行う」はずの普及指導員としては、極めて地味な方法をとりました。しかし、これが意外にも効果絶大だったのでした。


 さぁ、作品の紹介にかかりますか・・・「え!?」Σ(゚д゚;) ヌオォ!?

 「ブログだから、あんまり長文は困るって!?」


・・・・仕方がないので、次回・・・

ヤレヤレ┐( ̄ヘ ̄)┌マイッタネ・・・.

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る