普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

老眼!?普及指導員お薦めツール(その2)

2014.11. 7

【前回あらすじ】 ▼前回ブログはこちら
 普及指導業務のスマート化が進むなか、なにか便利なものがないかな~と探してるシーンで前回は幕切れ。今回は、しっかり紹介します。近くが見えなくなったな~と気になる皆さんは、必見です。


【意外にあっさり見つかるもので】
 『求めよ、さらば与えられん』
 ビジネス書には、たびたび引用される聖書の言葉ですが、パソコン雑誌を読んでいたら、あっさりと見つけました。
 「スマホが顕微鏡に!」と、銘打って、スマホに簡単にくっつくマクロレンズが数千円で売っているのです。調べてみると、いろんなメーカーが、いろんなタイプのスマホ用マクロレンズを作っているではありませんか!


【さっそく購入しました】
 せっかくなので、写真のプロでもなんでもない私の感想を書きます。

 私の購入したのは、直径2cmほどのスマホ用マクロレンズで、マグネットで取り付けるタイプなので簡単です。重さは、5g程度と非常に軽いので、スマホのアクセサリーとして付けておいてもまったく気になりません。


kasahara_11_1.jpg


 画質は、A3サイズの講習会の資料にデカデカと使えるくらいのレベルです。画像周辺のゆがみはわずかにありますが、ほとんど気にならない程度です。


kasahara_11_2.jpg


 使ってみて、私的に普及指導員アイテムとして活用するポイントは、次の3つです。


(1)明るいところで撮影
 直射日光が当たらない、柔らかい光に包まれる場所で撮影すると良いです。ピントが手前から奥までしっかり合いますし、陰ができなくて講習会資料に使いやすいです。


(2)両脇をしっかり締めて撮影、シャッターは音声認識にする
 高倍率なので、ブレやすいです。両脇をしっかり締めるだけで、ぐっと写真が鮮やかになります。シャッターは、音声認識にしましょう! ブレが格段に減らせます。
 でも、誰もいないと思っていた静かなビニールハウスの中で、

 「(音声認識シャッターの)はい、チーズ!」
を連発しているとき、突然、後ろから農家の方に

 「何してら~?(何をしているの?)」
 と声をかけられると、悪いこともしていないのに、ものすごく困ります。


kasahara_11_3.jpg
イメージ


ヤレヤレ┐( ̄ヘ ̄)┌マイッタネ・・・.


(3)レンズをきれいにして、カメラのレンズの真ん中にぴったり付ける
 どんなに良い道具でも、使い方が悪いと本来の性能が発揮できないものです。ちょっと写りが悪いな~と思ったら、レンズを清掃する、レンズ保護フィルムを新品と交換する、光の軸がずれないように、スマホのカメラの中心と、マクロレンズの中心がずれないようにぴったりとはめる。といった当たり前のことをやると、きれいに撮れます。

 現場で病害虫を確認するのには、まだまだ一般のルーペの方が便利ですが、記録したり、別の部署の人に問い合わせたりするには、このスマホの顕微鏡レンズがなかなか使えます。おすすめです。


 今回はここまでしか書きませんが、実は私の悪い癖で、この後、すっかりこのスマホ顕微鏡にハマッテしまうのです! 

 ということで次回!

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る