普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

blog_hukyu_kasahara_f.jpg青森県
笠原 均

夏のレタスは、夜明けにて(連載第2回)

2014.09. 8

【前回までのあらすじ】 ▼前回ブログはこちら


 「どうしても、夏場のレタス収穫を写真に収めたい!」

 そう思った普及指導員の私は、有限会社サニタスガーデンの代表、山田広治さんの協力を得て、青森県八甲田山の標高750mにある開拓地、沖揚平地区のレタス収穫風景の撮影にこぎつけました。山田さんと、約束した時間は、なんと夜明け前の午前4時。
 暗闇の中、なんとかレタス畑にたどり着いたものの・・・


【夏でも高原は寒い
 夏でも標高750mのレタス畑は、肌寒いです。普段着の上にジャンパーをはおってきて正解でした。
 重いカメラと三脚をかつぎながら、私は、良い撮影ポイントを探そうと畝間を歩きまわり、腰を落としては、ベストアングルを探します。畑に入ってまだ5分も経っていないのに、すでにズボンはぬれて、まるで水たまりにしゃがみ込んだようで、とても冷たいです。
 生産者のみなさんが、星が降るような晴天に、雨合羽を着ているのがよーくわかります。

 
 さて、気を取り直し、まずは風景を一枚。
私を案内してくれた山田さんのトラクターです。


kasahara_8_5.jpg
朝焼けをバックに、サニタスガーデンのトラクター。でかい!


 続いて、ヘッドライトの光を頼りに収穫するサニタスガーデンのみなさん。
 私の知っている昼間の畑は、誰も居ない静かな畑ですが、収穫作業中は、こんな感じ。10人近くの方が作業してました。


kasahara_8_6.jpg  kasahara_8_7.jpg


【来てみて感じたこと】
 レタスの収穫作業って、かなり体系化されているんですね。とても効率的に作業が進んで見えます。


 まず、収穫を担当する人達が、レタス畝に向かって横数列に並ぶと、まっすぐ畝間に入っていき、スカスカとレタスを地面から切り離しています。
 その後ろには、レタス箱を準備する人、箱詰めする人、芯が渇かないように霧吹きで水をかける人が控えていて、次々と出荷用のダンボールが畑を埋めていきます。その光景は、まるで工場の生産ラインのようにも見えますし、一つの大きな生き物が、レタス畑の上で食事をしているようにも見えました。


 途中、レタスを生まれたての赤子のように抱き上げるシーンが見られました。
「おっ! これぞ、シャッターチャンス!」
とばかりに、その人に近づくと、
「あ! ダメダメ! 私、化粧してないの~。」
とのこと。あぁ、女性でしたか! それではということで、シルエットで撮影しました。


kasahara_8_8.jpg


 さぁ、夜明けです。
八甲田山から、朝日が差し込んできました。気がつけば、出荷を待つ、たくさんのレタスの箱が、畑の此処(ここ)彼処(かしこ)に見られます。


kasahara_8_9.jpg  kasahara_8_10.jpg


【幸せを感じる瞬間】
 最初に書いてますが、私は大の野菜好き・・・特にレタスが好きです。もちろんレストランや自宅で食べるレタスもおいしいのですが、やっぱり、鮮度に一番をつけるなら、収穫直後のものに軍配が上がるでしょう!


kasahara_8_11.jpg


 外葉は、まだ葉露でびっしょり。外葉を外せば、滴(しずく)がキラキラと宝石のように飛び散ります。さらに、レタスを一口サイズにちぎってかめば、バリッ、シャキッと音がした後、さわやかなレタスの香りと、ほのかな苦みが口の中に広がります。

 世の中には、お金を出せば手に入る、たくさんの「贅沢」がありますが、夏の夜明けに畑で食べるレタスの味は、まさに格別! 贅沢そのものでした。


 ささやかな贅沢を楽しませてくれたサニタスガーデンのみなさまに感謝を込めて、ブログにて、報告させていただきました。

「ごちそうさまでした。」m(_"_)m

笠原 均

青森県の普及指導員です。桜で有名な弘前城のある中南地域に、4年前から勤務しています。もともと埼玉の出身ですが、20年ほど前、青森の人と風土に惚れ込んで、ここに住み着いてしまいました。ちなみに担当しているのは、青森の花きの振興と、担い手農家の支援です。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る