普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

子守をしながら追い込み作業

2018.03.26

 複合経営農家のWさん。肉用牛担当のMさんを経由して相談がありました。
 「今まで両親は白色申告でしたが、今年からは私たちが青色申告します。どうしたらよいですか」とのこと。昨年来時々Mさんと訪問して、今までの帳簿などを見せてもらいながら、色々な状況をお聞きしました。


 ご夫妻ともに商業高校出身で、ご主人は他業種からのUターンで就農されたそうです。こんな場合は、さてどうするか・・・・。
 Wさん自身、パソコンの操作はあまり得意ではないけれど、簿記の知識はある。Mさんもあまりパソコン簿記は慣れていないが、簿記の勉強はしている。今回の青色申告が最初なので、実質第1期目の決算、期首を決めなければいけない・・・・。
 ということで、手書き簿記の作業を一部エクセルでやることにしました。
 レシートの整理から現金仕訳、預金通帳の仕訳や売上の整理などは割とスムーズにできましたが、育成費用の振り替えなどは、Mさんにも勉強してもらいました。


 そしてこの日、元帳に転記して合計残高表を作ってみたところ・・・・。
 さてさて、何が間違っているのか、右と左が合いません。
 横で息子さんが静かに遊ぶのをながめながら、必死になって間違い探しをする昼下がりでした。


blog_shiosaki109_1.jpg
息子さんも、将来はきっとお父さんのようになる。その時に思い出す光景なのです。
「作業服を着たお姉さんが、母ちゃんと何かやってたなあ。あれが、これだったんだ・・・・」


 ですが、この2日後に、「ちゃんと申告できました」との報告がありました。これにて、今年度の簿記作業に関する普及指導活動は、なんとか無事に終了です。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る