普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

若手育成

2017.12.13

 管内の水耕ネギ法人の経営検討会に、今年2年目のYくんと参加し、法人の代表と一緒にハウスを巡回しました。


blog_shiosaki105_1.jpg
会社の代表者ともしっかりやりとりができるようなったYくん


 帰りの車中で彼曰く「国と県と市町村、役割分担がよくわかりません。県は必要なんでしょうか?」とのこと。
 塩崎曰く「行政の仕事だから、改良助長法から考えてみる。市町村には組織的には普及のような組織はない。国がやるには北海道から沖縄までを一括するには大きすぎる。農業には地域性が無視できないところがあるから、当然、都道府県でやる意義も出てくる」などなど。


 ハウスの横の田んぼに、わらくずがあったので「縄、なえるか?」と聞いて、少しやってみました。こぎ落としの短いやつだったのですが・・・・


blog_shiosaki105_2.jpg
いまどき、こんなことするのかなあ、という感じでした

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る