普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

受験対策にはならないよなあ・・・

2017.08. 7

 先日、今年度の普及指導員資格試験を受験する県下の3年目の普及指導員が集まり、経営指導研修会がありました。
 経営の普及指導活動のスキルアップをめざします。各自、自分の担当する農家さんの経営状況を把握して、これにどのように支援するか、年度末に向けた経営の普及指導活動を、PDCA(plan-do-check-act)していきます。
 私も講師として参加し、午後の時間を担当しました。


 親子ほど年が違う彼らに対して、何をどのように伝えれば良いのか、悩むところですが、どう考えても「現場で顧客のニーズに応える」ためにどうしたらよいのかは、やはり「いまどき、何なんだ」と言われそうな精神論になってしまうところは、否定できない気がします。


blog_shiosaki99_2.jpg


blog_shiosaki99_3.jpg


blog_shiosaki99_4.jpg
こんなスライドです、ほとんど精神論でした・・・


 「話するけど、教科書は無(ね)え、自分の経験則、体験談でしゃべる。自慢話に聞こえるなら、それでも結構。経営再建やってりゃ、現場では口に出して言えないことだらけじゃ。そんな現場では、普及員は、知りませんとか、できませんとか、言えねえ。やるしかないんじゃ。きれいごと抜きじゃ」なんて、思っていてもそんなに、強くは言えませんでした。


blog_shiosaki99_1.jpg
午前の部、皆さん、真剣です

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る