普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

経営研修会

2017.06. 1

 経営の普及活動というと、とても多岐に渡ります。
 まずは解釈の入り口ですが、例えば、技術指導です。各部門担当者が専門技術に即して指導するイメージですが、経営指導の上からは、経営改善のための技術指導となります。


 昔、ある大先輩が「指導といっても色々ある。農家のハウスや牛舎の中で作物をとらえての部分的な指導を言うのか、農家の経営全体をとらえての指導か。ファームマネジメント、という言葉でいえば、指導は後者になる。その場合は、技術指導だけではない、今からの時代はこれだ。」という意味合いを話していました。

 普及活動の内容は、行政組織のためか、「これはこれ、あれはあれ」と分けられることが多いような気がします。経営の普及活動と言っても、簿記は簿記、資金は資金、生産技術は部門担当、という具合です。ですが、すべてが繋がって、融合して、決算書の数字が作られているはず。


 私のもともとの専門は畜産ですが、例えば、園芸の経営に関わった場合には、利益、回転率、反収などなど、畜産であろうが園芸であろうが共通する指標を聞きながら、数字を組み立てていきます。そうして農場の流れや問題点などが見えてくると、「経営体の現状のスキルで何ができるか、どこまでできるか」をやりとりしながら進めていきます。

 経営再建に関わった場合は、特に、「今、何ができるか」これが重要かと思います。もちろん、この病気にはこの薬、といった専門技術は部門担当の役割です。
 そして、こうした農場の状況を把握する第一歩が、数字を並べることです。

 
・・・みたいな研修会を、若手中心に行いました。あと何回かおこなう予定です。


blog_shiosaki95_1.jpg
みなさん、堅くなっているような気がしましたが、きっと何かをつかんでくれたと思います

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る