普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

見える化 その2

2017.03.23

 肉用牛の品評会で、「栄養度」という審査項目があります。簡単に言えば、肥満か肥満でないか、その度合いはどの程度かを審査の評点にします。
 審査は、牛さんの体のいくつかの場所を触って、審査する人の感触で、スコアを出す、客観的な数字での判断となります。
 もちろん、審査資格を有する方の判断ですので、心配することではありません。が、普及員が技術レベルを上げようとするならば、どうか。特に若手の普及員は、経験則では追いつきません。こうした手法が計数化できれば、技術指導のスキルアップも早くなります。


 E普及員はこう言います。
『「この牛は良い牛だ」と言われても、どこがどのように良い牛なのか解らない。「肋張り(※)がある」と言われても、どのようにそうなのか。自分には経験則がないので、どう良いのかが解らない。最近の若手は、みんなそうなのではないでしょうか』


 そこでE普及員、隣県の試験研究機関で開発されたという器具を使い、管内の農家さんの協力を得て、さっそくデータ収集です。
 牛さんの肥満度合いは、触って柔らかさを調べます。皮下脂肪の付き具合を調べるのですが、この器具は、果樹の硬度計を改良したモノだと言うことでした。


blog_shiosaki92_1.jpg
腰角の部分を調べています。数回計測して、平均をとります

肋張り :ろくばり。あばらの張りのこと。

塩崎洋一

大分県豊肥振興局で経営全般の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る