普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

今年もシーズン到来

2016.09.23

 管内4年目、牛さんのミスコンの季節がやってきました。
 御案内のとおり、E普及員をはじめとする若手がいますので、私は今回裏方です。


blog_shiosaki84_1.jpg
神妙な顔つきで審査員を務めるE普及員。審査のコツは・・・・ひ・み・つ、です


 畜産関係の方はご存知のとおり、牛の審査は生まれてからの月齢により区分されて行われます。管内では1区から4区まで分かれて審査が行われます。


 4年前に着任した時からですが、1区と2区については、月齢が通常の子牛市場に出荷するまでに当たるので、出品された牛さんの体重、体高、胸囲、腹囲を全て計測して、管内全体の育成状況の目安にもしています。


 たとえば、一人の農家さんで、同じ区分に該当する牛さんがいれば、当然良い方の牛さんが出品されます。そうして出てくる彼女たちの状況を毎年追いかけていきます。管内全体で33戸の農家さんですから、2つの区でおおよそ半数の農家さんの状況が分かります。

 さらには、これまで紹介している離乳まで使用する「ふりかけ」の効果とあわせて、産地としての状況改善のようすを伺うこともできます。


 こうした品評会や共励会を、現地の普及活動と連動させることが大切かと思います。

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る