普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

「社長業」やってます

2016.08. 3

 今から10年ほど前、県全体の農業青年組織の事務局をやっていた頃の話しです。
 役員が集まって企画会議の流れで、ある役員Aくんが「塩崎さん、これくらいやってください。僕らも税金払ってるんだから・・・・」と、私に何か雑用をふって来ました。
 もちろん、私がやっても良いようなことでしたが、すかさず「なに言いよるか、俺にそんなこと言うなら、1000万ほど税金払ってからにしろ」と返しました。そのAくん、今では会社を2社立ち上げて、社長業をしています。例のドライフルーツです。


 そして先日、当時役員だったBくんから、ひさしぶりに電話がありました。
 「塩崎さん、今期利益が出すぎる。もったいない。なにか良い知恵はないですか」とのこと。自家経営で米麦を数十ha、法人経営で施設園芸をやっていて、両方で利益が出ていると。「そりゃ俺の給料じゃ、税金払わな仕方ねえぞ(それは俺の給料だから、税金は払わないと仕方がないね)」と笑って返しました。


 3人目が、今年、県の女性農業士養成研修で講師をしているCくんです。
 『技術と普及』でも記事になった、農業青年の九州ブロック研修会での「経営シミュレーションゲーム」を作った彼です。
 他県からもお呼びがあったりしたようですが、そのCくん、今はイチゴ経営に不動産経営など、農業分野だけでなく地域の他業種とも繋がりを作って社長をやっています。


blog_shiosaki80_1.jpg
しっかり社長業やっているCくん。規模拡大、法人化、労務管理などについて、実践的な話しでした


 普及活動でお手伝いしたみなさんが、しっかりと自分の経営をステップアップさせている姿、なんとも言えません。


塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る