普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

今年度も、そろそろ受験の時期です

2016.07. 8

 この春に着任したU普及員。採用3年目で、普及指導員資格試験の受験生です。
 わが大分県では、採用された初任地で3年間を過ごして資格試験を受験するのが普通なのですが、U普及員はなぜか今年度、私の事務所に転勤してきました。
 前任地での2年間の経験を活かしながら、管内にもすっかり溶け込んでいるようです。実は彼女、実家が管内某所でもあるためか、農家さんとの会話にも違和感がありません。


 この日は経営仕事にあわせて数件の巡回でしたが、「あそこは、行ったことがあるかえ」と聞くと、「何度かあります」と言うので連れて行ってもらった、ホオズキ農家さんです。

 初めてのホオズキに感心しながら農家さんの色々な話しを聞いて、将来に向けては、他の追従を許さないまでの産地対策が重要だと再認識した次第です。


blog_shiosaki79_1.jpg
早速、出荷作業を覚えるために、手伝いに来る約束をしたとのことです


blog_shiosaki79_2.jpg
裏庭の風景。これで有名な町です

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る