普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

新人初講習会

2016.07.14

 今年4月に採用されたY普及指導員、初の講習会開催です。
 来年度の新規就農者に、土作りの話しをしました。先輩が横でスライドを動かしつつ見守っています。


blog_shiosaki78_1.jpg
無事に初舞台を終えたY普及指導員。実は、両親とも普及指導員です
 

 ところで、私もこの日がありました。現地での講習会の初舞台です。
 採用から3カ月あたりの7月、畜産の先輩が入院していた時のことです。
 私がとった受話器の向こうから「○○農協ですが、今回お願いしていたサイレージの講習会は、予定通りで良いですか」との話し。何も知らなかった私は受話器を手でふさぎ、「すいません、○○農協でサイレージ講習会の話しですが、どうすれば良いですか~」と事務所の中で声をかけました。


 「そらあ、お前がせなあ(それは、お前がやれ~)」の一声。畜産担当が私だけしかいないとはいえ、誰も振り向きもしてくれません。
 「はい、わかりました。予定通りです。が、私が行きます。云々」と電話を切りました。
 いまではありえないような、新人育成の風景です。


 当日は、小規模な肉用牛農家の庭先で利用する、簡易サイレージの利用講習会でした。
 資料は紙1枚。マジックでポイント3つ。しゃべりは10分で、あとは先頭に立って組み立て工事です。作業ズボンに地下足袋。実家で作業するそのままのスタイルで飛び込みました。


 その日から、この農家さんが私の活動拠点となり、かわいがってもらったのは言うまでもありません。
 思えば、これが絆物語の始まりでした。


塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る