普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

畜産DIY

2016.06. 6

 後輩のE普及員、牛舎の環境改善をやってみせるという領域に、ついに入り込みました。
 肉用牛農家の古い牛舎ですが、作業性もさることながら、暗いのです。
 子牛の育成にしろ親牛の管理にしろ、暗い牛舎は、事故防止など個体観察の上からはリスクが大きいです。また、太陽の光が入らないのは、牛床をなるべく乾燥させておく上からもマイナス要因です。 


 数日前に事前に下見をして、お試しをどこでやるか、どんな材料でどのようにやるかを決めて、いよいよ着工です。
 また、E普及員は、行政経験を活かして、今回の環境改善を市役所の畜産担当者に繋ぎました。
 「行政経験を活かして」とは、こうした普及現場での課題解決に向けた活動から、行政との連携をとって予算化を図るプロセスを進めているということです。
 国や県に図っても、農家の庭先で効果を発揮するような小回りな予算の確保は難しい。そこで、市町村と連携をとって、金額は小さくても農家さんの意識啓発なども含めた効果的なメニューを作るのです。


blog_shiosaki75_1.jpg  blog_shiosaki75_2.jpg
左 :初めての丸ノコ。もちろん、ひととおりの使い方を教えてあげました
右 :透明の波板に張り替えて終了。ここまで、1時間半


 このお試しには数千円の資材費がかかっています。後で聞いたら彼の自腹でした。私の持論ではOKですが、本当はどうなのか、判断は分かれるでしょう。ですが、「農家さんがとても喜んでくれた」というのです。さらには、これで次のステップは農家さん自身がやるようになるだろうとの読み。普及活動ではこの動機づけが一番大変ですが、ここに少額でも補助金なりがあると、とても進めやすくなるわけです。


blog_shiosaki75_3.jpg  blog_shiosaki75_4.jpg
実施前(左)と実施後(右)

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る