普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

事務所から最果ての農家さん

2015.05.26

 今春の異動で元気な後輩が来たので、早速管内巡回です。机上での引き継ぎも良いのですが、彼も10年選手です。動きながらイメージを話しつつ、土地勘も覚えてもらうという、一石三鳥くらいの段取りです。
 彼も心得たモノで、すでに地図を準備して自分なりの管内イメージを組み立てている様子です。先輩としては、やはり、動いて、農家さんと直接やりとりをして覚えていくことに軸足を置きたいのです。最近では事前に説明がないと行動を起こせない感じの若者が多いようですが、いかがでしょうか。

 
 そうは言っても、何度か紹介したとおり管内はとても広いですから、1日やそこらでは、ひと通り巡回をしてざっと引き継ぐなど無理です。一方で、家畜防疫の面からは、いつ、何が起こるかわからないので・・・・、ということで、事務所から一番遠い農家さんを案内したところです。


 では、それがどこなのか・・・・。


 管内には一級河川の番匠川という川があります。私自身入社以来、現管内の河川が県内でも一番きれいだとの実感はありますが、その中の一番大きな川です。春先には下流域で白魚漁も行われていますが、その川の源流があるところに牛さんがいます。
  

blog_shiosaki52_1.jpg
私が着任した3年前には、なかった気がします
一昨年に紹介した、大きな水車の上流になります


blog_shiosaki52_2.jpg
きれいな水源を紹介できるかと思いましたが、山の中を1kmも歩く元気は、ありません

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る