普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

季節到来

2015.01. 5

 今年度も季節到来。何の季節か・・・・経理処理の忙しい時期です。
 イチゴ農家さん、パソコンを使って経理をしています。担当の彼女と今回も経営担当広域普及指導員に手伝ってもらいました。


 普及活動の上では、経営者の意識向上という場面は多いですが、私自身は、それは簿記経理作業に対してではないことが多いと考えています。経理管理そのものは、事務処理をどうするかのレベルが問われると思っています。
 ここを経営としてとらえるならば、その事務処理という大切な仕事を、どのように経営体の中で進めているかが問題であって、それを進める意識が経営者の意識として重要だと考えています。
 つまり、今の時期からバタバタと帳簿整理するのが経営者としていかなる意識か。やるのは奥さんであっても本人であっても、極論を言えば、この事務仕事をどれだけ重要な仕事と位置づけているのか。
 普及組織の側の認識は、いかがでしょうか・・・・


blog_shiosaki44_1.jpg
パソコンをチェックする担当者の後ろで眼を光らせている経営担当広域普及指導員です



塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る