普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

緊急事態発生

2014.12.24

 隣県で鳥インフルエンザが発生との方を受け、県境に接する管内では、関係者一体となって消毒ピントを設置しました。
 まずは、依頼している業者さんがスタンバイするまで、私たちが即応する体制となっています。
 中には、自主的にルート変更をしていただいた運送屋さんもおります。業界あげての対策が望まれるところ、ありがたく感じるところです。


 私自身としては、やはり、管内発生はあって欲しくないところですが、感染経路としては野鳥が一番心配なところです。ですから、冬の今の季節、時季外れな雨が降って、きっと野鳥も飛べないなと思うような天気だと、変に安心したりもします。


blog_shiosaki43_1.jpg
交通量はそんなに多くないですが、注意しなければなりません。この日は寒かった・・・・


blog_shiosaki43_2.jpg
風で飛ぶな、と、土のう袋が届くまで・・・・ 地面に突き刺しています

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る