普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

今年度畜産共進会あれこれ

2014.10.17

 わが管内は、肉用牛の産地としては県内では下位の方です。最下位とは思いませんが、上位ではないと思います。これは、普及員としても正直な気持ちです。


 ですが、今年も県の共進会出場を目指しました。頭数も少ない中では、県で上位をねらえる牛さんを作り上げるのは、なかなか厳しいものがあります。やっぱり頭数が多い中から競い合って選ばれるものが、より良い牛さんであることは、誰が考えてもそうでしょう。
 それでも、JAさんも市役所さんも、また、生産者の皆さん、地域のレベルを上げて行こうとする熱意をもって、がんばっています。


blog_shiosaki40_1.jpg
雌牛で県の共進会に行くこととなったYさん。実は昨年も行きました。ベテランです


 雌牛の共進会に先立って、先日は県の枝肉の共進会が開催されました。こちらは、やりました。見事に銀賞、県で2番です。わが管内の状況からすれば文句なし。もちろん、先般紹介した、一緒に牛小屋を改造している農家さんです。本当に本人の励みになります。ちなみに枝肉重量は510.1kg、A5等級でした。


blog_shiosaki40_2.jpg
「38号牛」、間違いなく最優秀賞の2席、わが管内の出品です。格付成績は主席と同じでした。僅差の2席、本音は「とーっても、くやしい」でした

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る