普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

畜産経営者養成研修所

2014.09.26

 大分県には、畜産研修センターという、畜産経営者養成の専門研修施設があります。これは、県の試験研究施設の中に併設されており、研修生は1年間、この施設に宿泊して、研究員の指導の下で研修を積みます。

 そして、1年間の研修を終えると、自家経営を継承したり自営開始であったり、あるいは、畜産経営の企業に就職したりと、巣立っていきます。研修生は、新規学卒が多くはありますが、中には実家を継ぐのに勉強をしなくてはいけないと、畑違いの会社を辞めて入所する方もいます。


 そうした研修生のみなさん、今年は4名ですが、来春からの進路を進む中で、いろいろと現場の普及員と関わることもあるだろうとのことから、すべての出先の畜産普及員との交流研修を行った次第です。
 自己紹介に始まり、自分はどのような経営をしたい、そのためには県内のどこでやるのが良いのかなど、現実味のある意見が飛び交いました。


 また、普及員からは、ほんとにやるならこうだ、現実は厳しい、だったらこうした方が良い、ここに気をつけろ、など、親身になっての歯に衣着せぬ率直な意見が出されました。


blog_shiosaki37_1.jpg
正面の4人が今年の研修生。まずは、県内6カ所の普及活動のようすや畜産の特色などについて説明がされました


blog_shiosaki37_2.jpg
続いて、自分の目指す将来像を実現するため、個別にいろいろな普及員と談話しました。中には超個性的な普及員もいました

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る