普及指導員が現場で活躍する日々をレポート
   普及指導員とは・・・こちら

RSS

大分県
塩崎洋一

簿記実務研修会で早めの申告作業開始を啓発

2014.09.16

 「雪山の寒苦鳥」という仏教説話があります。雪山とはヒマラヤみたいな山ですが、夏の暑い時期には努力せず巣を作らず、冬の寒さに凍える鳥の話です。
 アリとキリギリスの話のようなものですが、夏に遊びほうけるキリギリスの姿を、コツコツと働くアリと比較して...のものとは違います。鳥がひとりで寒さに震える、それを結局は繰り返す、というもの。


 お察しのとおり、毎年、節分の頃から、遅い人はひな祭りのころから、バタバタとし始めます。確かに普段からおつきあいのある農家さんですから、「手伝ってください」と言われたら無視はできません。が、やはり、数件の農家さんから問い合わせが重なり、時としてこれに振り回されて、他の普及活動が停滞することもあります。毎年こうした場面が繰り返されるのです。


 そこで、今年は、せめて数カ月前から声かけをして、早めの作業開始を啓発しようとなりました。各部門ごとに声かけして、参加できる方だけでも進めていきましょう、ということです。会場は、いつもは事務所ですが、ある部門では現地の集会所で行う、ある部門は複数の場所で行うなど、集まりやすくする工夫もしています。
 また、大分県では広域普及員が配置されていますが、経営部門に関しても広域さんがいますので、この日は手伝っていただきました。


blog_shiosaki36_3.jpg
経営広域のプチ講義です。「あなただけに、特別なお話・・・」みたいな雰囲気です


 多くの参加には至りませんが、その実は、こうした研修会を通じて、本当にやる気のある農家さんを1人でも引っぱり上げるのです。いわゆる手あげ方式の一環です。そして、さまざまなやりとりを重ねていき、普及活動の重点的な顧客育成を進めていくのです。

塩崎洋一

大分県南部振興局で経営全般と肉用牛の普及活動を展開中です。大分県臼杵市生まれ、九州東海大学卒。昭和63年に畜産普及員で採用されました。実家は平成6年まで肥育農家でした。

上へ戻る

カレンダー

loading ...

みんなの農業広場に戻る